アメリカ留学は行きたいと思った時に行こう

「アメリカ留学」と聞くと、何か特別な事のように感じる人は多いのではないのでしょうか。または行きたいけど費用や時間、生活そのものの事を考えるとなかなか踏み切れない人も多いと思います。アメリカ留学は条件さえそろえば難しい事ではありませんが、行きたいと思って明日から行くという事も難しいです。そのため行きたいと思ったらまずは準備を始めましょう。留学にはタイミングという物があり入学の時期、学校の願書締め切りなどを調べて必要書類を揃えなくてはいけません。

何から取りかかっていいの分からない人は、留学支援企業を使うのも良いと思いますがお金がかかります。身近に留学経験者などがいるならその人にお話を聞いて自分でやる、または留学の本がたくさん出ているのでそれを参考にしながら自分で準備するのも良いかと思います。慣れない事なので手間はかかりますが、一つ一つこなしていけばできるものです。それにこの一連の作業も良い勉強になります。

私は高校の進路決定ぎりぎりで留学を決め、アメリカの大学に進学しました。そのころ良く「度胸があるね」と言われましたが、私の感覚としては皆も東京や遠い地方に進学するの同じだと思ってました。私の進学先は国が違うというだけで、国内でも家を出て知らない土地で生活するという事は同じだと思っていたのです。

今でもそう思ってます。留学を経験して思う事は、あまり「留学」を特別な事と身構えしない事です。もちろん目標と強い意志を持って留学に望む事は大切ですが、例えそれが達成できず帰国しても留学に向けてしてきた事や少しでも海外で生活した事は決して無駄にはなりません。何もせず留学を諦める方がもったいないと思います。留学に興味があるというだけで、留学への道は開けています。そのチャンスをつかんで、人生で貴重な経験をしてください。