アメリカ留学経験者の話を聞こう

アメリカ留学を知りたければ本を読んだり映像で見たり、留学斡旋会社で担当の方の話を聞く人もいると思います。自分にとって一番効果的なのは経験者の話を聞き、その人からいろいろな情報を得ることだと思います。その理由は脚色せず、その人の経験した「アメリカ留学」について聞けるからです。

一留学経験者としてこれから留学を考えている方々に私から言える事は、とりあえず難しいことは考えず行ってみましょう。行かずに後悔するよりはがむしゃらでもいいので、アメリカ留学へ行きましょう。英語が大嫌いだった私も5年間アメリカで生活をし、大学を卒業して社会人経験もしてきました。夢がないとか英語が話せないとか帰ってきてからの事など心配して留学に踏み出せないのだとしたら、開けるはずの人生も開けやしません。

留学して合わなければ帰ってくればいいと思います。途中で帰国したとしても、それまでやってきた事に無駄はないと思います。この5年間で私が学んだ事は語学力もそうですが、それ以上にコミュニケーション能力や人のありがたみを学びました。コミュニケーションを取る一番の手段である会話が100%成立しない期間が長いので、その分一人ひとりとしっかりと向き合えます。

想像もしない価値観を持った人々と出会う事が多いので、より慎重にコミュニケーションを取るようになります。帰国後それは職場でとても役に立ちました。また経済的に華やかなイメージのある留学ですが、私は金銭的余裕はなかったので最小限のお金で楽しむ事や満足のいく生活を常に考えていました。

それは結婚して親になった今も役に立っています。そして留学をさせてくれた親を始め、いざという時に駆け寄る場所のない留学先で困った時に手を差し伸べてくれた方々のありがたみや感謝の気持ちは測り知れません。言葉も通じないし頼れる人もいない、異国の地だからこそ感じる事が出来たのではと思います。私にとってのアメリカ留学は学問的スキルもそうですが、生活そのものを豊かにする手段を学べた気がします。

オーストラリア留学が最近何かと話題になっています。