アメリカ留学支援機構は国内に沢山あります

インターネットのリサーチサイトで”アメリカ留学支援”と検索するだけで、かなりの数の留学支援機構が見受けられます。それだけアメリカ留学が身近になっている事が分かります。そして近年では、留学スタイルも豊富である事が分かります。留学を思いついたら、このような機関を利用するかしないかを検討してみましょう。

そのためには機関の方とお話をしてみるのが良いかと思います。利用するのかしないのかは慎重に検討しましょう。その企業によって費用も特色を違います。私はこのような機関を利用させていただきました。

その理由は留学への準備期間が限られ、さらに英語が苦手だったからです。決め手は人それぞれだと思いますが、私はこの三点を基準に選びました。自分の望む留学をサポートをしてくれる、費用や担当の方の人柄などで決めました。サポートに関して大学卒業後の就職までサポートするところもあれば、願書を提出するところまでの会社もありました。

また担当者の人柄としては、自分の主張が強い人は避けました。支援機構もビジネスベースですから、契約をしている学校があるかもしれないし個人のノルマなどがあるかもしれません。その中で自分に合った留学先や学校を決められるのは不本意なので、こちらからの提案も聞き入れてくれる方や会社を選びました。このような機関を利用するのであれば、必ず1社以上と合ってお話をしましょう。

どこまでサポートしてもらうかにもよりますが、1日や2日の付き合いではない事は確かです。自分に合った企業を見つけることが大切かと思います。また企業によっては、紹介される学校が限られる事があります。そのため全てをそこに頼るのではなく、自らでも学校を調べる事は続け、気になる学校があったらアメリカ支援企業の方に相談してみましょう。